乳首の黒ずみに悩んでいる方は少なくありません。人に相談しにくいことなので、一人で悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

乳首はデリケートで黒ずみやすい部位です。なぜ乳首が黒ずむのか原因とそのケア方法を紹介します。

乳首が黒ずむ原因

乳首が黒ずむのは、紫外線や摩擦などの外部刺激から守るためにメラニンが生成されるからです。乳首はデリケートで刺激を受けやすい部位なので、体の他の部位と比べて黒ずみができやすくなっています。

黒ずみができる原因には、以下のようなものがあります。

加齢

メラニン色素が生成されても、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の過程で排泄されれば黒ずみとして残ることはありません。ところが、加齢に伴い肌のターンオーバーは遅れるようになります。メラニン色素を排泄しきれないと黒ずみます。

妊娠や出産によるホルンバランスの変化

妊娠中には妊娠を維持したり安全に出産をするために、エストロゲンとプとゲステロンというホルモンの分泌量が増えます。これらのホルモンには、メラニン色素の分泌を活性化させる働きがあり、メラニン色素が活発に分泌されるようになります。

授乳

赤ちゃんが乳首に吸い付くときには乳首の刺激になり、刺激から乳首を守るためにメラニン色素が生成されます。また、乳首が黒ずむことで赤ちゃんが乳首を探しやすくなるという説もあります。

アトピー性皮膚炎

肌で炎症が起こるとその炎症から守るためにメラニン色素が作られます。炎症が繰り替えされることで、炎症後色素沈着になることもあります。

セルフケア方法

美白成分を配合したクリームやジェルなどを使用してケアをします。

美白成分には、すでにできてしまったメラニン色素を薄くするものと、メラニン色素の生成を抑制するものとがあります。黒ずみを改善するためには、前者の成分を配合したものを使用します。後者の成分はすでにできてしまった黒ずみを改善する働きはありませんが、これからできる黒ずみの予防にはなります。

メラニン色素を薄くする働きがある成分は、ハイドロキノンとビタミンC誘導体です。

ハイドロキノンは以前は医師の処方がないと手に入れることができなかったのですが、薬事法の改正で市販の製品にも配合されるようになりました。医師の処方がないと手に入れられなかったということは、それだけ効果が高く刺激も強いということです。配合濃度が高いものを使用したり使い方を誤ると、白斑ができることがあります。

ビタミンC誘導体は、ビタミンCを化粧品に配合しやすいように安定化させたものです。肌が乾燥することがあるので、乾燥肌の方は保湿ケア製品も一緒に使用をするとよいでしょう。