汗をよくかく季節はワキのニオイが気になります。でも、どうしてワキが臭くなるのでしょうか。原因と対処方法を紹介します。

ワキのニオイの原因

ワキのニオイの主な原因は汗と雑菌です。
汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類があります。汗腺とは別に皮脂を分泌する皮脂腺も存在します。

アポクリン汗腺からの汗には、タンパク質、脂質、糖質、アンモニアなどが含まれています。汗にニオイはないのですが、汗に含まれる成分を雑菌が分解をしてニオイが生まれます。

エクリン汗腺からの汗は99%が水分で汗自体にニオイはありません。しかし、エクリン汗腺から分泌された汗が蒸発する際に、アポクリン汗腺からのニオイを拡散させて、全身が臭うように感じてしまうことがあります。

ニオイを強くする原因

人によってワキのニオイの強さに違いがありますが、これはなぜでしょうか。

ワキのニオイは食事の影響を受けます。

欧米人の70%ほどはワキガ体質といわれていますが、日本人はそれに比べてワキガ体質の人は少ないです。欧米人は揚げ物や肉類など高カロリー・高脂肪の食事をすることが多く、このような食事はアポクリン汗腺の働きを活発にします。

一方、日本人は野菜・海藻・穀物などを主に食べてきました。これらの食品にはポリフェノールやβカロテンなど抗酸化成分が含まれている特徴があります。
しかし、近年は肉類を食べる方が増えていて、日本人もワキのニオイが気になる方が増えているようです。

ワキのニオイ対策

汗を放置していると雑菌が繁殖をしてニオイの原因になるので、汗をかいたらこまめに拭き取りましょう。
制汗剤で汗の分泌を抑えることができますが、制汗剤を多量に使用していると毛穴がつまり、肌が黒ずむことがあります。制汗剤の使用量や頻度には気をつけてください。また、使用をした日にはよく洗って清潔に保ちましょう。

シャワーで体を流しただけでは、ワキの汚れをきちんと落とすことはできません。入浴をすることで毛穴に残った汚れが落ちやすくなります。

動物性脂肪の摂取量が多いと、皮膚に棲みつく雑菌がエサとする脂肪酸の分泌量が増えます。野菜・海藻・穀物・魚などを中心にした和食を意識して食べるとよいでしょう。

汗腺が正常に働いていれば、汗に含まれるミネラルは血管に戻ります。このような汗はサラサラとしています。
しかし、普段から汗をかく習慣がないとミネラルを戻すことができず、汗はベタベタとします。汗に含まれる成分が多いと、それを雑菌がエサにするので、運動をしたり入浴をしたりして、汗をかく習慣を作り、サラサラした汗をかけるようにましょう。