メラニン色素は肌の敵と思っていませんか。しかし、メラニン色素には肌にとって大切な役割があります。では、メラニン色素とはどのようなもので、どのような働きをしているのでしょうか。

メラニン色素とは

メラニン色素とは、人間だけでなく他の動物、植物、一部の菌類などが形成する色素のことです。メラニン色素によって肌や髪の色が作られています。
メラニン色素には黒色メラニン(ユーメラニン)と肌色メラニン(フェオメラニン)の2種類があります。人によって肌や髪の色が違うのは、黒色メラニンと肌色メラニンの割合が違うからです。黒色メラニンが多いほど肌や髪の色は黒くなります。逆に黒色メラニンが少なければ、肌の色は白っぽくなります。
加齢に伴い髪の色が白くなるのは、髪のメラニン色素が減少をするからです。髪はもともと白色で、そこにメラニン色素が色をつけています。メラニン色素の生成が衰えることで、髪に色をつけることができず白髪になります。

メラニン色素の働き

紫外線を浴びるとメラニン色素が生成されますが、これは肌を紫外線から守るためです。紫外線は浴びすぎれば動物や植物にとって害になります。メラニン色素を作りだし、肌の奥に紫外線が到達しないようにバリアを作るのです。
肌は表面から表皮・真皮・皮下組織で構成されています。メラニン色素が作られるのは、表皮の基底層にあるメラノサイトです。細胞の上にメラニン色素がキャップのように覆いかぶさり、紫外線から守ってくれます。

シミになる原因

メラニン色素はシミの原因で、悪者のイメージがあるかもしれませんが、メラニン色素が作られなければ紫外線のダメージを受け続けて、肌はボロボロになってしまいます。
しかし、シミができるのは気になると思います。
シミができてしまうのは、できたメラニン色素が排泄されずにとどまってしまうからです。
肌は新しい細胞をどんどん作りだしていて、表皮の細胞は一定の周期で入れ替わっています。これを肌のターンオーバーといいます。
メラニン色素はターンオーバーの過程で排泄されるのですが、ターンオーバーが遅れているとメラニンが蓄積をしてシミになります。

シミを防ぐには

メラニン色素は紫外線から守る大切な役割がありますが、シミはできればできて欲しくないはずです。
シミを防ぐためには、紫外線から肌を守ることと肌のターンオーバーを整えることが重要です。
紫外線は1年中地上に届いているので、1年中紫外線対策をしましょう。
バランスがよい食事や規則正しい生活が肌のターンオーバーを整えます。また、ビタミンCにはメラニンの生成を抑制する働きがあります。