肌のターンオーバーをいう言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。言葉はよく聞くけれど、どういったものなのか知っていますか。

肌を健やかな状態に保つためには、ターンオーバーを整えることが重要です。では、肌のターンオーバーとはどのようなもので、ターンオーバーを整えるためにはどのようなことをしたらいいのでしょうか。

ターンオーバーとは

肌は表面から「表皮」「真皮」「皮下組織」で構成されています。肌のターンオーバーというときには、表皮での新陳代謝のことをいいます。

表皮と真皮の境目あたりには「基底層」という部位があり、この場所で新しい細胞が作られています。基底層で作られた細胞は、時間をかけて肌表面に押し上げられていきます。表皮の下の方から表面に向かうにつれて呼び方が変わり、「基底層」「有棘層」「顆粒層」「角質層」となっています。角質層は肌の一番表面の部分のことで、角質層にまで達した細胞はやがて垢としてはがれます。

肌のターンオーバーは約28日周期です。しかし、何らかの影響でターンオーバーが遅れることがあります。

ターンオーバーが遅れる理由

ターンオーバーは加齢によって遅れます。20代ころは約28日周期なのですが、40代になると45日程度かかるといわれています。年齢を重ねると肌トラブルが気になってくるのは、ターンオーバーが遅れることが関係しています。傷が治りにくいのもターンオーバーが遅れるからです。

ターンオーバーは遅れるだけでなく早まることもあります。ターンオーバーが早まれば新しい細胞がどんどんできて、肌にとってはよいことのような気がしますが、未熟な細胞ができてしまうため肌の本来の力が低下をしてしまい、肌トラブルの原因になります。

ターンオーバーを整えるには

ターンオーバーを整えるには、規則正しい生活、バランスがよい食事、ストレスをためないといったことが大切です。

肌は寝ている間に修復されるので、睡眠時間をしっかりと確保しましょう。就寝から3時間は成長ホルモンが活発に分泌されて、肌細胞の合成や修復が活発に行われます。ただ眠ればいいというのではなく、睡眠の質が重要になります。

肌細胞を作るには、タンパク質、必須脂肪酸、ビタミン、ミネラルなどさまざまな栄養素が必要です。さまざまな栄養素を摂取するためには、いろいろな食品を食べる必要があります。無理なダイエットをしている方は食事バランスが崩れていることが少なくないので、食事のバランスを見直してみてください。