ノースリーブや水着を着たとき、ふとワキを見たら黒ずんでいた。こんなことがありませんか。ワキが黒ずんでいると、ノースリーブや水着などを着るのにも抵抗がでてしまうはずです。
でも、どうしてワキが黒ずんでしまうのでしょうか。ケア方法も紹介をします。

メラニン色素の蓄積

メラニンが肌に蓄積をするのは、外部からの刺激に対抗をするためです。紫外線を浴びると肌が黒っぽくなりますが、これも紫外線をいう外部の刺激から肌を守るための反応です。

繰り返しワキに強い刺激が加わると、肌を守るためにメラニンが生成されます。メラニンは肌のターンオーバーで排泄されるのですが、ターンオーバーが滞っていたり、何度も刺激を与えていると、ワキにメラニン色素が沈着してしまいます。

肌に大きなダメージを与える行為がムダ毛の処理です。カミソリや毛抜きでのムダ毛の処理は肌の大きな負担となります。脱毛サロンや医療機関での脱毛も繰り返し行っていると肌の刺激になり、ワキの黒ずみの原因となることがあります。

古い角質や汚れの蓄積

古い角質は固くゴワゴワとして茶色っぽい色をしているので、古い角質がたまると皮膚は黒ずんだようになります。

不規則な生活、偏食、睡眠不足、ストレスなどは肌のターンオーバーを乱して、古い角質を蓄積させる原因になります。ワキはお手入れを忘れやすい部位で、きちんと洗えていなくても古い角質が蓄積をします。

また、汗をよくかく季節には制汗剤を使用する方が多いと思います。制汗剤には汗の分泌を抑制する成分が配合されていますが、使い過ぎると毛穴をつまらせて、黒ずみを招くことがあります。

ワキの黒ずみのケア方法

まず大切なことは黒ずみを予防することです。
ワキのムダ毛が気になるなら、肌の負担ができるだけ少ない方法を選んで処理をしましょう。カミソリや毛抜きに比べると、光脱毛は肌への負担が少ないです。ムダ毛処理後には肌を保護するために保湿ケアをします。

汗をかいたときにはこまめに拭き取るようにします。制汗剤はできるだけ肌への刺激が少ないものを選び、使用を抑えるようにします。

ビタミンCにはメラニンの生成を抑制する働きがあるので、食事から積極的に摂取したい栄養素です。イチゴ、キウイ、レモン、パセリ、赤ピーマンなどに多く含まれています。

できてしまった黒ずみのケアと予防のためには保湿ケアをします。保湿成分と黒ずみケア成分を配合した成分が販売されているので、そういったものを使用するのもよいでしょう。ワキはデリケートな部位なので、刺激が少ないケア用品を選んでください。